審査に落ちた...そんな時の為の改善方法!

わずかな借り入れを完済して借入件数を減らす

カードローンの審査に落ちてしまった場合、属性を改善した上で別の会社に申し込むことで審査に通る可能性を上げられます。では、具体的にどの属性をどのように改善すればいいのでしょうか。
審査で重要視されるものとして、年収と現在の債務、そして借入件数があります。年収と債務をすぐに改善することは難しいですが、借入件数については工夫次第でなんとかなります。たとえば、債務残高が10万円未満の借入先があるのなら、その債務を完済して借入件数を減らしてしまいましょう。たとえば、クレジットカードでキャッシングをして、そのお金で債務を完済するというのもありです。消費者金融が定義する他社からの借入件数は、クレジットカードの債務を除いていることが多いからです。

固定電話と携帯電話を両方持ってみる

携帯電話しか持っていない場合は固定電話回線を引き、固定電話しかない場合は携帯電話を持つというのも、簡単にできる改善方法の一つです。連絡先は多ければ多いほど、審査では有利になります。なぜかというと連絡を取りやすくなるからです。カードローン会社によっては、申し込みの際、SNSのアカウントを聞いてくるところがありますので、メジャーなSNSのアカウントを作っておくのもいいでしょう。
借りたい金額よりも、多少低い金額を申込書に書き入れるのも有効です。カードローン会社からすれば、新規の客に対し、いきなり何十万円も融資するのは避けたいからです。審査で落とされたときは借り入れ希望額を50万円としていたのであれば、次の申込先には10万円と書くことで審査に通る確率は多少は上がるでしょう。