どうしよう...金欠時に返済をやりくりする方法!

新しくカードローンを申込む方法

金欠によってすでに融資を受けているカードローンの返済が難しくなった場合、他のカードローンを選択する方法があります。複数借入も収入や職業などの問題をクリアすれば、問題なく可能です。無事に申込を完了する事ができれば、一時的にお金を融資してもらえるので、カードローンの返済を行えるようになります。
気を付けないといけないのが必ずしもカードローンの申し込みを実施して、審査を通過できる訳ではありません。ある程度の収入が必要ですし、職業や信用情報などの問題もクリアしなくてはいけないです。その為にも収入を増やしたり、安定した職業に就く他に遅延や滞納などを発生させないように気を付けて、万全の態勢を整える事が大切です。

遅延や滞納をするという選択肢

どうしてもカードローンの返済をする事ができない場合には、遅延や滞納をするという選択肢もあります。遅延や滞納をするからといって、いきなり全額返済を求められる訳ではないです。基本的に遅延損害金と呼ばれるお金が必要になり、普段支払っている利息よりも多くのお金を支払う事が求められてきます。
利息の部分に関しては大きな損失を生み出してしまいますが遅延や滞納をする事で、お金が入手できた時に返済すれば、迷惑を最小限に抑えられます。ただし何度も遅延や滞納を繰り返してしまうと融資をしてくれた銀行や消費者金融の信頼を失うので注意です。最悪のケースとして、利用限度額が下がったり、全額返済を求められる可能性がある為、極力回避した方が賢明です。